花・植物

ヒヨス

漢字表記 非沃斯
学名 Hyoscyamus niger
花言葉 不完全
誕生花 7月29日
開花時期 6月~8月

ナス科ヒヨス属のユーラシア大陸原産の多年草ですが、日本では2年草。葉、茎、種子などにヒヨスチアミンが含まれる毒性植物で、園芸植物として育てる際は注意が必要です。英語名の「henbane」は「おせっかいな女(hen)」「致命傷(bane)」の造語とされ、そのことから「魔女の草」「悪魔の草」と呼ばれることもあります。

少量摂取でも動物なら死に至ることがあり、人間の場合でも幻覚、瞳孔散大、情動不安などの危険性がありますが、鎮痛、鎮痙、鎮静、散瞳などの効用は、痙攣症状を緩和の医薬品、眼底検査の散瞳剤の原料としても利用されています。

華岡青洲がチョウセンアサガオなど複数の植物から開発した麻酔薬「通仙散」もヒヨスチアミン(アトロピン)の効用を利用したものでしたが、妻の加恵は臨床実験に協力し続けた結果、ヒヨスチアミンの有害作用により失明しました。

  • フィルハーモニー
  • 「尊い」〜解き放たれし二次元歌集〜
  • ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch

花・植物の参考書籍