花・植物

バオバブ

学名 Acanthus mollis L.
開花時期 7月~8月

パンヤ科アダンソニア属のアフリカ、マダガスカル、オーストラリア原産の落葉高木。名前はセネガルの現地語で「種子の多い果実(Baohiba)」、またセネガルの言葉で「一千年の木」を意味しており、樹齢500年から2000年程度とされています。学名はセネガルを調査したフランス人植物学者のミシェル・アダンソン(M.Adanson)に由来します。

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの「星の王子さま」では根を張り、星を破壊する巨木として描かれていますが、果実の殻は容器、果肉は食用、種子は食用、食用油の原料、葉は薬用、化粧品、火に強い樹皮は建材などに利用されます。

プランター、鉢植えでの育成も可能ですが、成長が早く1年で30cmから50cm程度伸び、幹は6メートルから7メートル、樹高は30メートル以上になるため、専門機関以外での育成は難しいとされています。

花・植物の参考書籍