花・植物

ラナンキュラス

漢字表記 花金鳳花
学名 Ranunculus asiatecus
花言葉 魅力的、晴れやかな魅力、華やかな魅力、移り気、あなたは魅力に富んでいる、光輝を放つ、名誉
誕生花 1月20日、1月29日、3月2日、5月25日
開花時期 4月~5月

キンポウゲ科ラナンキュラス属のアフリカ北東部、ヨーロッパ南東部、地中海沿岸地方の球根性多年草。名前は湿地帯に自生することから、ラテン語の「カエル(Rana)」に由来します。

植物学者のウィリアム・カーティス(William Curtis)が、ロンドンとロンドン近郊(10マイル)に自生していた植物について編纂し、1777年に刊行された「ロンドン植物誌(Curtis Flora Londinensis)」にも掲載されています。

イギリス、オランダを中心に品種改良が行われ、日本には明治時代に持ち込まれました。草丈は20cmから45cm程度まで成長し、赤、白、ピンク、黄、オレンジ、青紫など花色も豊富で、一重咲き、八重咲きなど多種に富むことから園芸品種として人気があります。

高温多湿、弱く、半耐寒性がありますが、5度以下になると壊死する恐れがあり、地植えでの越冬は難しいためプランター、鉢植え向きとされています。また乾燥に弱いため、水分を切らさないように注意が必要ですが、花、葉に水を与えると灰色カビ病が発生する恐れがあります。

花・植物の参考書籍